コロナ禍でも自毛植毛できるのか

新型コロナウイルスが日本で猛威を振るい始めてから早9か月が経とうとしています。東京の感染者は100~300人の間を毎日行ったり来たりで、幸いにも欧米ほどは感染者も死者数も広がっていません。

しかし、だからといってコロナを気にしなくてよい生活を送れているかというとそうではありません。依然街中にはマスク姿の人たちがあふれており、マスクなしでは生活を送れないとでも言いたげな、不穏な雰囲気すら漂います。けれどもこれは日本人の感染防止意識が高いレベルにあるということもでき、一概に悪いことではありません。むしろコロナ禍では絶対に必要な対応だと言えるでしょう。

ヨーロッパでは日本とは比べ物にならないくらい新型コロナウイルスの被害が深刻化しており、この流れが今後日本に来ないか心配です。しばらくはwithコロナとして生活していかなければならないのか、頭を抱えたくもなります。

さて、このコロナ禍で自毛植毛業界は正常に診察を行えているのでしょうか。それとも診察を控える方向に言っているのか、詳しくお話しします。

自毛植毛業界は治療継続

皆さんは新型コロナのせいで多くの病院が経営危機追い詰められていることはご存じでしょうか。主に影響を受けているのは小児科と産婦人科と言われています。やはり小さい子供をもつご両親は子供たちの院内感染を心配しているため、診察控えが起きているそうです。

同じ病院でも、自毛植毛業界はどうでしょうか。実はこちらは診察・施術を行っております。ただ正常というのはいささか語弊があるかもしれません。誤解のないように申し上げると新型コロナウイルス感染症の対策を徹底しながら、診察等を行っております。

例えば東京新宿の自毛植毛アスク井上クリニックでは、ご来院の際、マスクの着用をお願いしています。

また受診前には必ず、検温をしており、その際、37.5度以上あった場合は、遠方から来られた方には申し訳ないのですが、受診をお断りしています。同時にアルコール消毒も行っています。

そしてさらに徹底しており、クリニックのスタッフや協力会社スタッフも同様に検温、アルコール消毒を行っています。こちらも37.5度以上の場合は、自宅待機です。

 

コロナ禍は外出NG?

「自毛植毛したいがコロナ禍では控えたい」「そもそも外出が怖い」という患者さまも少数ながらいらっしゃいます。新型コロナウイルスは家に閉じこもっていれば、まず感染はしないのでこの判断は間違っていません。自分が感染しないためには外に出ないことが一番です。

しかし、コロナ禍は一体いつ終わるのか。という疑問も同時に浮かびます。この質問に答えられる人は現時点で世界中にどこにもいません。コロナウイルスに有効なワクチンが未だに開発されていないからです。

つまり「いつまでコロナを恐れ、家に閉じこもっていればいいのか」という問いに対して、解がないということです。ということは現状はコロナウイルスの感染に気を付けながら、日常生活を送る。というのが最適解かと思います。

そのため、人混みを避ける、至近距離で会話はしない、外出時はマスクをつける。この3つは最低限徹底しましょう。マスクは新型コロナウイルス感染を抑制する効果はありませんが、飛沫を防ぐので、自分がもしコロナウイルスに罹っていた場合、周りの人にうつさないという効果はあります。

まとめ

コロナ禍では多くの人が戸惑い、正常な判断ができずにいます。未曽有の事態ですので無理もありません。しかし人類はもう少しの間、感染が収まるまでコロナウイルスと付き合う必要があります。そのため自毛植毛を検討している方は、感染予防を徹底してのご来院をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です