薄毛治療薬と自毛植毛

いきなり薄毛になってしまったとき、多くの人はパニックに陥ります。ここで適切なAGA治療を選択できればいいのですが、現実はそうではありません。現実逃避をしてしまう方、神頼みで宗教にはまってしまう方、効果が確かめられていない方法で薄毛治療をしようとする方…。

正直に申し上げると非医学的、非科学的な方法でAGAは治療できません。そのため適切な知識を得ておく必要があると考えます。

ここでは薄毛治療薬と自毛植毛について述べます。そもそも薄毛治療薬にはどのような種類があるのでしょうか。またそれは自毛植毛よりも効果的なのでしょうか。

この点について述べていきたいと思います。

主なAGA治療薬

ミノキシジルとは

ミノキシジルは略して”ミノキ”とも宣伝などで言われているもので、最も知名度のあるAGA治療薬ということになります。これは実は医学的にきちんと発毛効果が認められています。日本では主に外用薬として使われています。

使い方は頭皮に直接塗り込むことで効果を発揮します。副作用は、皮膚炎などが起こると言われています。

未成年者、AGA以外の脱毛症の方の使用は禁忌となっております。

フィナステリドとは

内服薬。AGAは髪が成長せず、細くなり頭皮から抜けるものですが、これは髪が成長する前に頭皮から抜けるということを防ぐ薬になります。どうしてそのようなことができるかというと、Ⅱ型5αリダクターゼというものに作用し、AGAの原因物質ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぐからです。

効果的な薬ですが、副作用には注意が必要です。これは性欲減退や勃起不全(ED)、肝機能障害など。男の子の胎児の生殖器官に影響が及ぶ可能性もあります。そして、妊婦や妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性の服用は絶対に禁止です。

デュタステリドとは

こちらも内服薬。Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼの働きを阻害。先ほど紹介したDHTの生成を抑制します。Ⅱ型のみに作用するフィナステリドと比較し、かなり高い効果が期待できます。

しかしです。こちらはさらに副作用が強烈でその発現率もフィナスよりも高いです。性欲減退や勃起不全、そして精液量減少、肝機能障害。 こちらは、妊婦、授乳婦、小児への投与に対する安全性や有効性は確立されておらず、女性や未成年者への処方は不可です。

 

AGA治療薬と副作用について

薬自体は効果が高いものもあるため積極的に使用したい気持ちは分かります。しかし気になるのが副作用です。副作用というものはどの薬にもあります。AGA治療薬だけが恐ろしいわけではありません。医師、そして薬剤師の指導のもと、きちんと使い方などを間違えなければ使用してもよいと思います。

しかし、AGA治療薬に多いのですが、効果の発現を急ぐあまり、用法などを守らない人が非常に多いのです。そうなると想定外の副作用が現れる可能性がありますので、使い方は絶対に守るようにしましょう。

自毛植毛について

薬と比べると即効性には欠けますが、長期的に安心なのは自毛植毛ということになります。自分の髪がそのまま生え変わるだけなので、副作用もなく、定期的なメンテナンスも必要ありません。

最近はメスを使用しない自毛植毛(FUE)や、後頭部を坊主にする必要なく治療できる”切らない植毛”も選択肢として選ぶことができ、気軽に受けれるようになってきました。

 

まとめ

薬は正しく使えば効果を得られるということが分かりました。副作用が心配な方は自毛植毛などを視野に入れ、薄毛治療を考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です