おでこを狭くする自毛植毛

薄毛の方の悩みでトップクラスに多い、おでこの広さ。

これを改善するために色々な薬、シャンプーに手を出したが効果が出ていない…という方も多いのではないでしょうか。

自毛植毛ならこれを解決できるのです。後頭部、側頭部など、男性型脱毛症の抜け毛の影響を受けにくい場所から毛髪を取り前頭部などに植え付ける外科手術です。自分の髪の毛を植え付けるため、副作用がなく人気です。

しかしこの自毛植毛ですが脱毛した部分にしか植えることは出来ないのか、見ていきたいと思います。

脱毛した部分以外にも自毛植毛によりおでこを狭くできる

特別AGAでなくても自毛植毛手術を受けるとおでこを狭く出来るのです。植毛の手術が毛根ごと毛髪を移植するということになります。毛根を移植し、栄養を髪に供給できる場所なら理論上はどこでも可能です。

額であれば頭部に変わりはありません。生まれつきでおでこが広いという悩みの方の解決策は、植毛ということになります。

 

満足感を高めるには

ただ毛を植えつければそれでいいかというとそれも違います。

生え際には生え際らしい髪の生え方があります。 適当に後頭部から毛根を採取し植え付けたところで待つのは悲劇です。

後頭部の髪は前髪より太くて硬いのです。自毛植毛の専門ではない医院で施術すると、美的感覚が違うので、満足する結果とはかなり遠いものになってしまいがちなのです。 前の髪に後頭部の髪を植え付けるときには、前髪らしくデザインする必要があるのです。植毛で生え際を自然に見せるには高いテクニックを必要とします。

ボリューム感を出したい奥には太い髪、生え際にはそこの部分に合う太さの髪の毛といった感じで配置します。重要なのは髪の毛を植える方向。植毛は経験と高い技術力が大事なので、クリニック選びは慎重に検討しましょう。

人工毛植毛について

化学繊維で人工的に作られた髪は生着率が低く、拒否反応も見られたとのことです。 拒否反応とは副作用のことです。

はっきりいうと人工的に作られたものを頭に植え込むということに無理があります。体質というのはある日突然変わることもあるからです。 拒否反応がある。そんなデメリットが人工毛植毛にはあります。

これを解決するのが自毛植毛です。後頭部や側頭部から自分の髪の毛を採取し、移植するので拒絶反応がありません。

技術の向上もあるので生着率も高いのです。 そして原則的には術後メンテナンスも不要です。

 

内服薬について

育毛剤の2大成分、ミノキシジル、プロペシア。ミノキシジルは髪の毛の成長を促進し、プロペシアは脱毛を抑えます。

もともと髪の無い部分には効果がないのです。 発毛剤という名称からどこからでも髪の毛が生えると勘違いする方も多いのですが、それは大きな間違いです。

まとめ

おでこを狭くするために最も効果的な施術が自毛植毛だということを分かって頂けたでしょうか。自毛植毛は自分の髪を移植する方法なので、多くの方が考えているほど大げさなものではありません。自分の髪なので副作用もありません。

強いてデメリットを挙げるとするならばそれは費用です。自毛植毛は保険適用外の自費診療のため高額になりがちです。1回の手術で100~200万円。これは日本全国どこのクリニックにいってもそれほど費用感は変わりません。

ただ、アスク井上クリニックでは分割払いでの施術も受け付けているので、一度に大金を用意する必要がありません。これは施術に関する心理的負担を多少和らげることにもなるでしょう。

施術をするかどうかは一人で決めず、専門家に相談することをおすすめします。アスク井上クリニックのような植毛専門の医院にまずはご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です